アイデアと工夫で作っていく、みんなのやりがいと誰もができる仕事づくり

ひらめきました.....「幸福の黄色いひよこ」

さつき園-00
[ 事業所名 ] 障害福祉サービス事業所 さつき園
[ 所在地 ] 山口県大島郡周防大島町大字西屋代2595-1
[ 電話番号 ] 0820-74-3356 [ FAX ] 0820-74-3761
[ URL ] http://www17.ocn.ne.jp/~satukien/
[ 種別 ] 生活介護支援事業所、就労継続支援事業所B型
[ 工賃 ]

実績
平成21年 6,458円
平成22年 7,484円
平成23年 6,319円

目標
平成24年 10,952円
平成25年 10,952円
平成26年 10,952円

事業内容

・陶芸、・みかんの皮むき、・ウエス、・清掃作業 など

取組前の状況・課題

障害の程度や特性は利用者ごとに異なりますが、一人ひとりに合った作業提供が難しく画一的になり、作業に従事することが困難な利用者の作業設定に苦慮していました。

取り組んだこと

さつき園-00

陶芸作業では、作業内容、工程ともに複雑で、利用者が関われる部分が限られています。しかし、従事している利用者は、みんな陶芸が大好きです。ある日、利用者が土鈴の中に入れる玉を丸めていたとき、上手に丸まらずいびつな形になった玉を職員が眺めていてひらめきました。

「・・・目を入れてみよう。」

こうして職員の何気ない発想とひらめきで生まれた新商品が「幸福の黄色いひよこ」です。
今後、このかわいいひよこをPRし、売り出していきたいと考えています。

取組んでよかった点

さつき園-02

幸福の黄色いひよこ」づくりは、作業も簡単で、ひとつひとつ形が違うのもまた魅力となっているため、難しい作業ができない利用者も、作業の一端を担うことができます。

利用者は皆、やりがいをもっていきいきと作業に取り組んでいます。

うまくいかなかった点・課題

手作業であるため、作業によっては生産が追いつかず、職員の負担が大きくなることもありますが、利用者の誰もが取り組める作業に対しては、積極的に今後も取り組んでいこうと考えています。

今後の目標など

さつき園-01職員のちょっとした工夫で新商品が生み出せることを学びました。「幸福の黄色いひよこ」に続き、他にも利用者が関わることができる仕事をできるだけ増やそうと職員は知恵を絞っています。今後も、作業工程の細分化などの工夫で、利用者がやりがいを感じながら作業に取り組み、少しでも工賃向上につながるよう支援していきたいです。

取組事例集一覧に戻る

このページのトップに戻る