便利屋事業による地域の中での困りごとの解決(小さな事も喜んで)

町の小さな困りごとお助け人・「便利屋 あおぞら」

あおぞら-00
[ 事業所名 ] あおぞら
[ 所在地 ] 山口県防府市三田尻2丁目9-3
[ 電話番号 ] 0835-22-7228 [ FAX ] 0835-28-8628
[ URL ]
[ 種別 ] 就労継続支援事業所B型
[ 工賃 ]

実績
平成21年 34,643円
平成22年 42,975円
平成23年 46,659円

目標
平成24年 47,000円
平成25年 47,500円
平成26年 48,000円

事業内容

[内作業]・自動車部品の組み立て・パンフレット折り・封入作業・その他内職作業[外作業]・清掃作業・剪定除草作業・便利屋(不用品撤去・軽土木作業)・その他軽作業

取組前の状況・課題

平成5年開所時から自動車の下請け内職作業中心に事業を行ってきたが、施設から出て地域で働くという事が少なく、施設の知名度も存在感もなかったが、平成24年山口県障害者施設授産協議会・就労活動レベルアップ事業のアドバイザー派遣事業により、中小企業診断士のアドバイスを受け「便利屋事業」に本格的に取り組み始めました。

取り組んだこと

あおぞら-02

地域の中での困りごとの解決(小さな事も喜んで)。独居老人や障害者のお宅、また人にはなかなか頼み辛いことなどで困られたことを、解決してきました。

具体的にはエレベーター無しの、賃貸住宅退去時の個人では出来ない放置家具撤去の依頼も引き受けてきました。また、官舎などの大きな樹木(50本相当)の伐採処理をすべて行いました。内職作業では、従来の自動車部品の組み立て作業を事業所内で取組み続けています。

 

取組んでよかった点

あおぞら-01

便利屋サービスは面白い取り組みで、人の手でしか出来ないことであり、高齢化した社会に感謝され、人助けの仕事だと評価されています。その評価から、平成22年に厚生労働省「工賃倍増5か年計画支援事業」の一環である『至福のお届け』好事例発表で優秀事例として表彰されることができました。

また、仕事の内容の大小に関わらず、ひとつひとつの依頼に丁寧に取り組んできた結果、官公庁や個人を問わず依頼をいただくようになりました。高齢者や一人親家庭、単身世帯で困っている人に喜ばれていることを嬉しく思っています。

さらに、地域の中で沢山のニーズがあり、お客様のご要望にきちんと答えて対応すれば、どんどん受注量も増えてくることも実感してきました。決して楽ではない仕事に取組み仕事を完了させた時、お客様から感謝の言葉をいただき、職員、施設利用者のモチベーションもあがり、積極的に施設から地域へ出ていく結果がもたらされ、それに付随し工賃向上にも繋がってきました。

うまくいかなかった点・課題

役務作業において簡単に引き受けて、想定以上の仕事の量であることが何度かあり、苦戦しました。また見積り額の設定が非常に難しく、仕事の量と質が金額に見合わないこともありました。時にはシルバーセンターよりも高く見積もってしまったこともあり、専門的技術を要する仕事の依頼には対応できないこともありました。例えばまたゴミの撤去時に産廃処理に必要な免許等がないことから、最終的な廃棄物処理にまで至らないということもあり、今後の課題としています。

今後の目標など

町の小さな困りごとお助け人・「便利屋 あおぞら」を地域で認めていただくことで、施設利用者ひとりひとり地域との繋がりを大切にしながら色々な仕事の経験を積み、もっとスキルアップを図っていきたいと思っています。見積もり技術の向上、今現在の仕事に必要な免許等取得も今後の目標としています。

その他

利用者の方達は作業終了後、『自分は頑張った』『自分も仕事をした』という思いを実感すること。また依頼主の方から、直接「ありがとう」と言っていただくことで、ますますやる気も向上していきます。そうした直接的な関わりの中で、利用者の仕事への意欲が向上すると共に、地域社会への参加と工賃向上に繋がっていくと思います。

取組事例集一覧に戻る

このページのトップに戻る