工賃向上につながる売り上げの根本的改善。

「事業仕分け」による事業のみえる化で売上がアップ!

グリーンファーム-00
[ 事業所名 ] 障害福祉サービス事業所グリーンファーム
[ 所在地 ] 下関市大字植田1398番1
[ 電話番号 ] 083-289-5454 [ FAX ] 083-289-5455
[ URL ] http://utsuifukushikai.web.fc2.com/
[ 種別 ] 就労継続支援事業所B型
[ 工賃 ]

実績
平成21年 時給 203円
平成22年 時給 220円
平成23年 時給 230円

目標
平成24年 時給 232円
平成25年 時給 235円
平成26年 時給 240円

事業内容

1.農地環境保全事業
2.住居環境保全事業
3.農産物生産販売・加工その他の事業

取組前の状況・課題

取組前も現在もまったく同じ仕事内容ですが、取組前は会計上一つの帳簿で、どうゆう仕事がどれぐらい売り上げがあるか、また経費がどれぐらい掛かっているか把握できず総合的な売れ上げ、経費としてしか理解できていませんでした。どれをどうゆう風にどれぐらい頑張れば売上が向上するのか職員全員が把握できないままでいました。

取り組んだこと

グリーンファーム-01

平成20年に中小企業診断士のコンサルタントアドバイザーよりアドバイスをうけ授産事業内容の明 確化つまり事業仕分けをし、まずそれぞれの事業毎に会計を仕分けしました。そして事業内容も 1.農地環境保全事業、2.住居環境保全事業、3.農産物生産・販売・加工その他の事業の3事業にきちんと明確に仕分けました。

平成21年に授産会計を、この3事業に仕分けする事に。職員全員が情報を共有しながら事業ごとに計画を立て直し、3事業それぞれの事業計画にそって売上目標を立てました。

平成22年度以降は職員全員で前年度の結果考察をし、次年度の事業計画を立て売上目標を設定し授産活動を実施しました。その結果、売上も少しずつ上がり、工賃も少しずつ上がってきました。

取組んでよかった点

グリーンファーム-02

職員全員または利用者も含め、どの事業がどれだけ売り上げたか、経費をどれくらい使ったかを把握出来たことにより、それぞれの事業の問題点が見えてきました。また、具体的な目標金額を設定し、それに向かった取り組んだことによって、当初は、現在の時給は到底無理だろうと思っていましたが、実際に目標以上の売り上げを達成することができました。以上の事に取り組むことで、事業計画・目標が立て易くなりました。

うまくいかなかった点・課題

事業仕分けをしたことについては、専門家のアドバイスを受けながらであったので、特に困ったことはありませんでした。

事業仕分けの結果、農業だけでは売り上げが不安定であるため、新たに便利屋事業も加えようとしま したが、すでに各事業に職員・利用者が重複しており、現状ではこの便利屋事業を単独で事業化することができずにいることが残念であり、今後の課題でもあります。

今後の目標など

より一層、農地に根を張り、農産物の栽培の計画を密にしていきたい。今ある資源を最大限に効率よく使い、事業仕分けにより目標を明確にしたうえで、売上向上を目指し、少しでも工賃が上がるように努力していきたい。

取組事例集一覧に戻る

このページのトップに戻る